新型リーフ30kwで行くガソリン代0円の旅 -Vol1【札幌-稚内-道東編】その1

新型日産リーフ30kwは凄い!

・1回の充電で航続距離280kmに!
・ガソリン車には無い圧倒的な加速性能と静粛性 そしてコーナリング性能は抜群
・自宅で充電できるので ランニングコストはごくわずか
・全国23000基の充電スポットが充実して 長距離でも充電に困る事はありません。
・補助金と減税で優遇 国の補助金33万円の他 地方自治体の補助金
(札幌市は約12万円)や免税、減税効果があり実際の取得価格はリーズナブルに!
・先進の安全性装備が標準にエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)
 LDW(車線逸脱警報) この2つを全車標準装備。
・充電スポットの表示機能を走行中でも20km移動する毎に
 自動で情報を更新するように新しく改良。

などなど 初期型と比べ圧倒的に改善されたのが、何と言っても実際の走行距離!
実証実験では長距離走行であれば270km可能な状態でした。 しかも初期型と比べエコモードではなく通常走行でもあまり電費に差がありませんでした。

*上記数値やデータは平成28年8月現在 北海道札幌市のものです。

日産リーフ メーカー公式サイトはこちら
http://ev.nissan.co.jp/LEAF/

北海道での電気自動車、充電設備設置、電気自動車の導入について詳しくお聞きになりたい方は・・・リーフの事ならこの人! 北海道日産 EVマスター 納谷(なや)さん!!

北海道日産自動車株式会社 本社 営業支援部 EV担当 納谷様 まで
〒065-0019
札幌市東区北19条東1丁目2番20号
電話011-711-3111
納谷様 直通メール:nhd003488@hokkaido-nissan.co.jp
http://www.hokkaido-nissan.co.jp/

新型リーフ30kwで行くガソリン代0円の旅

1日目 札幌~稚内 まで

札幌平岸自宅出発(100%普通充電)

海水浴客でにぎわう厚田海岸を通過

海水浴客でにぎわう厚田海岸を通過

雄冬岬 白銀の滝

13 風力発電がたくさんある留萌海岸

風力発電がたくさんある留萌海岸

道の駅おびら鰊番屋 でトイレ休憩(ここにも急速充電機があります)

道の駅おびら鰊番屋 でトイレ休憩(ここにも急速充電機があります)

1回目の充電スポット 道の駅 風Wとままえ 充電中は「とままえ温泉ふわっと」で入浴がおススメ(男なら30分でちょうど良い時間です)

札幌平岸~道の駅とままえ まで178.5km走行
□□□□□□□■■■■■  バッテリー残メモリ5/12(38%残)
ここで急速充電

とままえの道の駅は 急速充電機が2台もあるので、便利です。このあたりの道の駅はこのスタイルが主流。

道の駅富士見「とんがりかん」でトイレ休憩 ここにも急速が2台

左に日本海に沈む夕日を見ながらひたすらまっすぐな道 オロロンラインを走行

稚内ドーム

ドームの中はライダーの方がテント泊中

稚内の日産さんで充電 札幌から稚内までは途中の道の駅とままえで1回充電するだけで到着します!

道の駅とままえ~稚内 まで145.7km走行
□□□□□□□■■■■■  バッテリー残メモリ5/12(41%残)
ここで急速充電

 


ページの先頭に戻る