第8回/岩内郡共和町在住 奈良様

本日は北海道共和町で毎日お仕事で長距離を走る電気自動車リーフオーナー

奈良様の活用例のご紹介です。

■電気自動車 日産リーフに乗る前はどんな車を乗っていたのですか?

弊社では岩内郡共和町にて、指定訪問介護事業と介護タクシー事業を営んでおりまして、今までは通所者さん送迎用の大型ワンボックスカーやトヨタビッツなどの小型ガソリン車を送迎用として数台乗っておりました。

■月の走行距離は何キロくらい走るのですか?

はい、仕事柄毎日100~150kmくらい、月間で2500kmくらい乗ります。

ちなみに昨年(平成25年)10月にリーフを購入したのですが、今現在(平成26年11月)で1年くらい経ちましたが、ちょうど3万キロを超えておりますので、年間走行距離はかなり多い方かと思います。

■どうして電気自動車に変えようと思ったのですか?

やはり目的は燃料代削減です。
介護の仕事で、事務所からだいたい1時間くらいの距離のお客様(通所者様)が多いので、少しでもガソリン代を削減したいと思ったのがきっかけです。

以前はハイエースクラスの大きな車も含め全部で8台くらい所有し、毎月の燃料代の経費が大変でして、月間のガソリン代が毎月20万円以上かかっており、何とか経費が少ない車を探していたところ、北海道日産自動車倶知安店の店長さんと知り合い、電気自動車という選択を教えていただき検討に入りまして、 いろいろと比較計算してみたところ、まずは一台入れてみよう という事でリーフを導入しました。

■実際にリーフを購入してどのように使っていますか?

事務所が岩内町共和ですが、ニセコや倶知安の病院まで利用者さんを毎日2回送迎する仕事に使用しておりますが、共和町の事務所では北海道日産さんの方で普通充電器を無料で設置してくれたので、夜10時から翌朝6時までの安い夜間電力を利用して充電してます。事務所を出て昼間は仕事で倶知安の方をまわり、充電が足りなければ日産さんの急速充電器で充電して共和町に帰るようにしております。

最近は倶知安町内に、もう一か所スーパー ラッキーさんの駐車場に急速充電器が付いたので利用させていただいております。

■車の性能はいかがですか?

加速やパワーには満足しており、走りは気に入っておりますのでまったく問題ありません。

■走行距離に関してはどうですか?

夏場は一回の充電で150~200km弱走行しているのですが、 欲を言えば共和町から札幌まで行って帰ってこれたら良いのですが、贅沢ですね(笑)

ただ、共和町から倶知安~赤井川村~毛無峠を越えて朝里までお客様をお届けして、帰りに小樽で急速充電して共和町に戻ってくるというルートを何回か試して、最初はドキドキしていたのですが、今ではどのくらい電気を使うのかがわかるので、まったく問題なく安心して走っております。

■厳寒期の冬場の走行性能はどうですか?

冬でも夏と同じペースで毎日走っているのですが、この地域は北海道でも有数の豪雪地帯で気温もかなり低いので、やはり冬期間は暖房とスタッドレスタイヤの影響で電費は落ちますね、 ただ日産さんとラッキーさんの急速充電器があるので、どちらかで急速充電しながら毎日100~150kmは走ってます。 お客様も乗せているので暖房を切る訳にもいかないので、なるべくこまめにヒーターを入れて調整してます。

倶知安近辺は山坂もあり雪が多いですが、雪道で埋まるような事もありませんのでFFでも普通に使うには問題無いですよ。

■1年間乗ってみて燃料代は実質どれくらい削減できましたか?

はい、リーフは燃料がタダみたいな感覚なので、かなりの額が削減できましたよ。
                                       

日産リーフ VS ハイエースクラス ガソリン車との 燃料代比較

①ハイエースクラスの場合の燃料代

月間2500km走行 ハイエースクラスで実質リッター6km走ったとして
月のガソリン代は約68,000円かかります。(リッター165円で計算)

②リーフの場合の電気代(自宅での普通充電分のみ) *日産での急速充電は月1500円のZESP会員は無料
2500km走行 自宅での普通充電の電気代は、リッター換算すると約1~1.5円程度ですので月の燃料(電気)代は約2,500円~3,750円程度しかかかりません。

その差
毎月約65,000円
年間で 780,000円
5年間ですと3,900,000円の大幅燃料代削減になります。

                                       

■仕事で長距離走らないといけない時があると思いますが、そんな時はどうされてますか?

実はもう一台トヨタのプリウスPHEVも導入したので、2台合わせるとかなりの削減になっております。 急ぎで急速充電できないような日や、札幌まで往復する時などは、プリウスPHEVを使用したりして、リーフとガソリン車2台をうまくローテーションを組んで利用する事で問題なく使えておりますので安心です。

ちなみにプリウスPHEVも自宅で普通充電して使いますが、電気のみで走行できるのは約10km程度です。

■トータルで考えてガソリン車VS電気自動車どちらに軍配があると思いますか?

私自身は、リーフの評価は高いですよ! もし余裕があるのであればもう一台リーフを購入したいと思っております。

■改善して欲しいところはどんなところですか?

欲を言えば走行距離がもう少し伸びると良いですが、例えば山の中等で緊急時にもう少しだけ充電したいなと思った時、発電機などで少しだけ補充できるような仕組みがあるといいですね。
または緊急時には、普通の電源から充電できるコンセントが欲しいです。

■この近辺で急速充電器を設置して欲しい場所はどこですか?

そうですね、まずニセコ 共和町 余市の道の駅等にあると便利なので欲しいですね。
あと積丹にも一か所あると岬を周れますね。

■自宅には太陽光パネルを付けているのですね?

自宅には太陽光発電 9.36kw のパネルを付けており、売電は良い時で月4万円くらいあります。
太陽光パネルを付けて1年半くらいになりますので、太陽光+リーフで経費削減してます。
あの太陽光パネルを車の天井に取り付けて、駐車中に充電できる仕組みができたら良いですね(笑)

峠道などでの回生ブレーキの性能がすごいです。

登り道などではナビに表示される残走行距離がどんどん減っていき、目的に到着できませんと表示され不安になるのですが、下り道では回生ブレーキによる発電で一気に充電され復活しますので、慣れるまでちょっと不安でしたが登ってしまえばあとは下りで充電されるので、結果的に平地の走行距離と変わりません。

でも初心者の方は不安になるでしょうね。 ここは実際に乗って経験を積むしかないですね。

■北海道で電気自動車が普及すると思いますか?

最近はスーパー等で充電していたりすると、知らない人から電気自動車について話かけられる事がよくありまして、この地区でも倶知安と岩内のスーパーラッキーさんの駐車場に急速充電器がついたので、これから増えて行くのではないか?と期待しております。 これからワンボックスタイプのNV200も出るとの事ですが、価格が安くなり、走行距離が伸びてくるともっと普及するでしょうね。

リーフは面白い車です!

購入当初は長距離を走る時には、どれくらい走れるのか? 不安でしたが、何回も乗ってチャレンジしましたので 今では毎日楽しく乗っております。 できる事ならもう一台電気自動車が欲しいです!

■奈良さん 今日はありがとうございました。

合資会社ケア・サービス ぐりっぷ 奈良修二様
岩内郡共和町前田49番地2
電話0135-73-2299

2016.11.20取材