EV なんでもQ&A(補助金・税金)

EV なんでもQ&A

Q.国等が行っている電気自動車(EV)に関する補助金の
  申し込みは、自分でしなければいけないのでしょうか?
A.2011年度の政府の補助金に関する必要書類や申請方法など
  の詳細は、日産販売店で説明、サポートが受けられます。

  ★補助金や免税、減税のイメージはこちらも参照下さい。
  私の場合はセレナも乗っているので比較してみました。
  なんと5年乗ると270万円も得しちゃう!
  (個人の購入プラン、乗り方により金額は変わります)

  ▼購入シュミレーション ページへ

Q.地方自治体が購入する場合、補助金はどうなりますか?
A.独立行政法人を除く地方公共団体などには補助金が出る
  予定ですが、条件がありますので、
  次世代自動車振興センターへお問合せいただくか、
  次世代自動車振興センターホームページでご確認ください。
  サイトへリンク URL入れる

Q.国の補助金を受けた場合、
  何年間保有しなくてはいけない等の条件はありますか?
A.現在の補助金制度では、6年間の保有義務が発生します。

  ★途中で解約した場合は、差額の変換等があるようです。

Q.普通充電器や急速充電器の設置に際し、補助金はありますか?
A.急速充電器設置には国の補助金があります。
  さらに地方自治体によっては、国以外の補助金を
  出している場合もありますので各地方自治体に
  お問合せください。商業施設に設置して、新たな見込み客を集めましょう。
  普通充電の場合は、地方自治体で補助金を出している場合が
  ありますので、詳細は各地方自治体にお問合せください。

  ★急速充電設備を設置する場合は国からの補助があるので使わないと損ですよ。
  スーパー、カフェ、ホテル、飲食店、ゴルフ場、駐車場などに設置すると
  集客効果があるので、他の広告費をかけるのと比べて効果的になるかも!
  例えば、スーパーで2000円以上買い物した方は充電無料など、
  ホテルなどの場合は、充電設備のないホテルには泊まれませんので
  多少高くても、充電設備があるところへ泊まります。
  温泉などの場合は一人ではなく家族で来た場合、新しい売り上げ増になります。

Q.保有義務期間内に
  車両を自己都合で処分する場合はどうなりますか?
A.次世代自動車振興センターへ財産処分申請書を
  提出してください。自己都合で手放す場合は、
  補助金を返金する必要があります。
  詳しくは次世代自動車振興センターへお問合せください。

  ▼次世代自動車振興センター
  http://www.cev-pc.or.jp/